化粧水のつけすぎは肌に良くないのか

Posted by user - 1月 31st, 2015

化粧水をつける量について悩んでいる人もいるのではないかと思います。浸透したかどうかはなかなか分かりづらいので、何度もつけたり乾かしたりを繰り返す人もいるようです。ですが、化粧水のつけ過ぎはシワやシミの原因となりあまり良くないという説もあるようです。では、化粧水のつけ過ぎは肌にとっては良くないことなのでしょうか。

化粧水の使い過ぎは肌によくないかどうかについてですが、色々な考え方があるようです。たくさん使えば確かに潤った肌になるかもしれませんが、化粧水にも様々な成分が入っています。どのような化粧水が肌に優しいかなどは、乾燥肌化粧水の人気ランキングのようなサイトを見るとよいでしょう。その成分が肌に良いものばかりとは考えにくく、中には蓄積されると将来的にシミなどの原因になってしまうものもあるかもしれません。そういった意味で、化粧水を毎日あまりにたくさん使い続ける事は良くないと考えている人もいます。

何事もそうですが、やはり過剰摂取というのは良くない事の方が多いのではないかと思います。もし、化粧水を浸透させたくて毎日大量に使っているのであれば、一度その使い方を見直してみるのもいいかもしれません。例えば、化粧水を適量手に取って肌になじませたら、しばらくその手で頬や額などを覆うようにして、体温で温めるようにします。そのように丁寧につける事で、化粧水もより浸透しやすくなるので、それを2~3回ほど繰り返すとしっとりとした肌になるのではないかと思います。量や回数はその時の自分の肌の状態に合わせるようにすると良いのではないかと思います。

Comments are closed.

Blog Home